浅見…お前はブログを書いてみせろ…

特撮、映画、アニメなどについて思ったことをつらつらと。長続きしますように。

4 D X

明けすぎたけれどおめでとうございます。

3ヶ月も更新されないものをブログと呼べるのか。いや、呼んではいけない。頑張って更新して。

先日生まれて初めての4DXを体験してきました。

ぼく個人としては「まぁなんかのアクション映画だかが初4DXになるだろうなぁ」と思っていたのですが、まさかアニメ映画がぼくの処女膜を破るとは…!

そう、『ガールズ&パンツァー 劇場版』を観てきたのです。



そもそもこの作品の4DXの上映が発表されたのが公開から2ヶ月程経った1月の末。

このときは、12月頃に一度通常上映を観てから「もう一度行かねば…されど浪人生…あぁぁん!スターウォーズもある!!!」と少々混乱していた中、兵庫県塚口サンサン劇場での2月末からの公開を知って期待に胸を躍らせていた時期だったと記憶しています。

そこで飛び込んできた4DX版公開のお知らせ。

「う〜ん、パスかなぁ…」

正直4DXといえばド高くてそもそも設備のある劇場がぼくの住んでいる地域からだいぶ遠くにあるイメージだったのでまぁ敢えて行かなくても…といった心持ちでした。

しかし、

twitterこの野郎?????

まぁ飛び込んで来るわ来るわ。ガルパン4DXの感想ツイート。

それに感想ツイートがどんどん流れてくる時期は丁度サンサン劇場でのガルパン体験の真っ最中で中毒症状が出ていた時期。
 
「行かねば。」

ということで、塚口サンサン劇場のほうに連れて行くハズだった「ガルパンテレビシリーズ未見だけど興味は持ってて劇場版が良けりゃテレビシリーズ観てみるから行く時は誘ってね」と言っていた友人を、彼は幸いフットワークの軽い人だったので電車+バスで1時間半ほどかかるシネプレックス枚方に。

途中、バスがきちんと映画館の近くに止まるのか、ほんとうにこんなところに4DXという未来の設備が整った映画館があるのか、と不安に襲われつつもなんとか到着。

ビバ!4DX!!!

作品の中身のことは後で書くとして、まずシアターの扉を出たところにあるロッカーに荷物を預けないといけない!
ワクワクしませんか??こういうの。
3Dが映画館に導入された時もびっくらこきましたがそのときはまだ「映画館はやわらかい椅子に腰掛けながら落ち着ける空間」という印象は変わらず。

でも4DXではもう、もう、もう、映画館もここまで来たか!って。

身ぐるみひっぺがされて冒険の世界に放り出されるわけです。

そしてまた、4DXという上映方式自体のデモムービー?的なもの(カーチェイスの真っ只中に映画館のシートに座った外国人男性が突っ込んでいってその動きに合わせて実際の座席も動く、といったふうの)があるのですが、それがおもしろい!その時点では本編が始まっていないのにも関わらず、ぼくのワクワク臓器がケツの穴から出てきちゃってました。

本編に関しては、当然「固定キャラクターの視点ではない」という条件と「画面に今映っているキャラクターの動きに合わせた座席の揺れなどの演出がなされる」という二つが並行して存在しているため、正直「映画の世界の中に没入するツールとして」は4DXよりも通常上映のほうが優秀かと(ガルパン劇場版に関しては普通の浴場のシーンで演出としてシャボン玉が出たり、機銃掃射のシーンで背もたれから指で押されるような細かい刺激がたくさんくわわったりと、そこらへんからも伺える)。

あくまで、無茶苦茶(褒め言葉)な映画を観るだけでは我慢できずにその無茶苦茶に合わせて振り回されたい場合の設備だなぁと。その意味では今回はぴったりだったんですけどね。

音に関しては普通のところと変わらない…かな?
そのすぐ前に塚口サンサン劇場での重低音上映を何回か観てるのでやっぱりこの点はサンサン劇場に軍配が上がりました。
重低音重視の音調節とまではいかなくとも、もうちょっと全体の音量をあげて欲しかったというのが感想です。


4DXの演出の中で個人的にお気に入りなのが以下の3つ。

・カメラが俯瞰になるときの座席の動き
・フラッシュ
・雨

ひとつめ、カメラが俯瞰になるとき、地上付近を捉えていたカメラが地面から離れて見下ろす様なシーンに移動するときに、うまいこと座席が後ろに動いて画面の動きとマッチしていたんですが、なんというか、FOO↑↑↑
昔から憧れてたんです、基地の中を自在に移動する椅子(ちょっと違う)。
カメラの動きとともに足場が動くってのは、なんだろう…USJスパイダーマンのライドみたいな興奮があるんです。

ふたつめ、フラッシュ。これは物語的にも盛り上がる終盤に容赦なくバチバチくるのでとてもおっかなびっくりたのしかった。
自動車部のポルシェティーガーモーター加速やアンツィオと大学選抜チームのジェットコースターのレールの上での追いかけっこのシーンなど。
前半にはフラッシュが使われるシーンがなかった(ハズ)のも盛り上がりとしてなお良かったです。

みっつめは個人的にいちばん良かった。
ノンナたちがカチューシャを前に進めるために自らを犠牲にする雨のシーン。
あそこ、4DXの演出で上から水が降ってくる(といっても劇中で雨が止んだらもう気にならない程度の濡れよう)のと、降ってこないのでは悲壮感が段違い。

いつもは涙腺を刺激されはしなかったこのシーンも今回は目からオプティックブラスト。



まぁ、ストーリーに関しては言わずもがな、アヒルさんチームの「小さい身体でよく頑張ったよな」やらうさぎさんチームの「さよーーならーーー!」やら桃ちゃんやら桃ちゃんやら桃ちゃんやらカチューシャの「まぁ、おめでと!」やら会長のだいしゅきホールドやらたくさん涙腺を刺激されるのはもちろんのこと、ローズヒップやらミカさんのすごいこと言ってるようでよく考えたらそうでもない発言やらジオンの水中モビルスーツのごとく海から這い上がってくるカーベーたんやらお風呂シーンやらローズヒップやら継続高校爆走シーンやらローズヒップやら干し芋パスタやら観覧車先輩やらT28重戦車のパージやらローズヒップやら書いてったらキリがないくらいとてもかっこよくてたのしい作品だなぁ、ってのを改めに改めて感じました。


ほんとうにこの映画、法律が禁じてないだけであっち側のおくすりみたいなもんですよ………。

連れて行った友人も満足してくれたみたいでとても良かったです(^^)

今度はテレビシリーズを既に観た友人と行く予定になっているので、それもまたドチャクソ楽しみです(^^)(^^)(^^)

おしまい。






ブルースワット 第7話


ついこの間から東映特撮YouTube Officialで配信を開始したメタルヒーローシリーズの第13作目『ブルースワット』、今週は第7話と第8話。

の、うちの第7話の感想。

f:id:ika0602ranger:20151226011819j:image

今回はいつも以上にエイリアンの残虐非道さを前面に押し出した回。

エイリアンは自分たちの身バレ写真を撮った女に憑依してビルから身投げ、落下開始と同時に憑依解除なんてするんだからたまったもんじゃない。

その女性からしたら何の心の準備もないまま地面に叩きつけられるんですから。

この胸糞悪い感じは『電子戦隊デンジマン』のヘドリアン女王が美人を次々と虐殺していく回を観て以来かなぁ…。
まぁ、あれはビジュアル的な残酷さも物凄かったけれども。

「ビルから突き落とされた」と考えれば、よくある悪の組織の証拠隠滅手段なんですが、今回のやり方は考えれば考えるほど痛々しい。

しかも第7話の中心となるゲストキャラがその女性の恋人、照夫。

2人が仲良く同棲しながら夢を語り合うシーンまで見せられるんだからたまったもんじゃない。

「オラ視聴者!エイリアンを恨め!!さぁ!」ってくらいの勢い。



そしてラストバトルは、エイリアンの尻尾を掴んで単身復讐に向かう照夫をショウ達が助けにくる、という筋なんですが、

今回いちばんおったまげたのが、ショウが直接照夫に手を下させたこと。

この手のお話って「いくら相手が憎かろうと殺しをしては君は奴らと同じになってしまう。」とヒーローが復讐に燃える者を諭す、ってのがよくあるパターンで、今回はそれをストレートに外してきた。

あぁ、『ブルースワット』とはこういう作品なんだな。
敵側にドラマを持たせるのではなく、あくまで地球にやってきた害虫であるところのエイリアンを駆除するのがこのヒーロー達の目的であり、これが作品の基本姿勢なんだな、と視聴者に指針を示す回だったと思います。

彼等にとってただの害虫であるからこそ醸し出される、特殊戦闘員の駆除作業というプロフェッショナル感。


この作品は初見なのでわかりませんが、今後エイリアンに情を感ぜずにはいられないようなエピソードを入れてくるんでしょうか…。


観ていくうちにこちらが勝手に感じ取った作品の指針を製作者側に折り曲げられるのもまたエンターテインメントの楽しみなので、出来ればあって欲しいなぁと個人的には思ってます。


しっかしこのストーリーに加えてあのエイリアンの気色悪い口元と目元。

これを朝8時に放送してたかと考えると、子供たちへの大人の世界に向けた一種の訓練としか思えない…。


f:id:ika0602ranger:20151226011450j:image

f:id:ika0602ranger:20151226011504j:image

f:id:ika0602ranger:20151226011515j:image

f:id:ika0602ranger:20151226011524j:image





惑星間バグズ・ライフ

おはようございますこんにちはこんばんは。

今回は『スターウォーズ』シリーズに登場するエイリアン、ジオノージアンについてのお話をば。

「ジオノージアンってどれだよ」って方、アレです。

エピソード2で出てきた羽虫みたいなやつ。
エピソード2のクライマックスを占めるドロイド工場や闘技場がある惑星ジオノージスに生息している、馬面ガリガリ羽虫です。(これ↓)

f:id:ika0602ranger:20151223221027p:image

ぼくがスターウォーズシリーズの中で種族単位で最も愛しているのがこの、ジオノージアン。

まだ最新作を観に行くことができていない鬱憤を晴らすために、今回はジオノージアンの魅力をぼくなりにぺちゃくちゃしていきたいと思います。(ジオノージアンの故郷、ジオノージスは銀河帝国による掃討作戦の対象になり、彼等の殆どが絶滅してしまったため新作には十中八九出てないでしょうが…)

あ、ビジュアルが素晴らしいのは言わずもがななので省略します。


■ジオノージアンとは

ジオノージアンとは、惑星ジオノージスに原住する昆虫種族であり、地下に築かれたコロニーで生活しています。

その中にはクローン大戦中に独立星系連合の重要な地位に就いている者もいたほど、つまり見た目通りの原始的なナマモノってワケではないんです。



■生まれ持った宿命

彼らは生まれもって羽根が生えている個体とそうでない個体に分かれており、大多数は羽根のない下級労働者、羽根のある残り少数は急速に成長し、偵察隊や巣の警備を生業としている者が多い。

また、ジオノージアンの亜種には生まれながらにしてパイロットとなるべくした睡眠を必要としない特殊な個体も存在している。

どうですか?

そそられません?

コイツら、生まれながらにして階級が決められており、しかも彼等の殆どはその地位についていることに何の疑問も持っていないというのです。

こっ……!この悲哀!!

コイツら、まぁ頭が悪いわけではないのですが、ぼくたち人間が持つような野心を殆ど持ち合わせていない。

超古代から続いてきた正に遺伝子レベルの悲哀なんです。


■アレが高い

ジオノージアンってパッと見「女王個体とその子供を守るための軍団」、"THE兵士"って感じの見た目で、エピソード2をサラッと観た限りでは正にそんな印象を受けます。

しかしコイツら、実は技術力がドチャクソ高い…!!

新3部作でお馴染みの馬面のバトルドロイド(B1バトル・ドロイド)を開発、製造したのはコイツら。

あのグリーヴァス将軍にサイボーグ化手術を施したのも、デススターの設計をしたのもジオノージアンなのです。
(デススターがガバガバ設計って言ったヤツ、事実でも言っていいことと悪いことがあるってことを覚えておいて下さいやがれこの野郎様。)

動物的な先天的階級に無意識に従っている原始的な面と、高い技術力を持つ近代的な面。

このミックス!!!

恐竜と戦車のミックス並に血沸き肉踊ります。

沸き踊りますよね??

はい、沸き踊りますね(﹡ˆᴗˆ﹡)


(上からB1バトル・ドロイド、改造後のグリーヴァス将軍、ドゥークー伯爵に託されたデススターの設計図)

f:id:ika0602ranger:20151223223728j:image

f:id:ika0602ranger:20151223223732j:image

f:id:ika0602ranger:20151223223918j:image



■群れやがる

エピソード2やクローンウォーズをご覧になった方ならお分かりいただけると思うのですが、コイツら、他のエイリアンに比べて群集感が圧倒的。

闘技場なんかにワラワラ来てギャンギャンうるさいわけです。

しかし、いざ戦闘シーンを観てみると砲台に座ったりスターファイターを運転したり割と軍隊やってる。

スターウォーズシリーズに出てくるエイリアンって、基本的に独立していろんな星に散らばっていて「あ、ここにあの種族が」「こっちにもあの種族が」ってなのを見つけるのも当作品の楽しみ方の一つなわけで…しかし、ジオノージアンは違います。

群れに群れます。

群れっ群れ。

さっきまでヘラヘラ闘技場の座席で処刑を見てたくせに、ジェダイが戦闘態勢になると慌てふためいてるのか持ち場に向かうのか、統一感なくワラワラ散らばっていく。

スターウォーズシリーズでは珍しく一種族間の群集からそのほころびまで見せてくれるエイリアン、ジオノージアンにはあの世界の人間よりも人間っぽさを感じずにはいられないのです。







まぁ要は何が言いたいかと言うと、スターウォーズシリーズで1番可愛いのはR2-D2でもチューバッカでもエピソード6に出てきた青いゾウみたいなやつでもなくジオノージアンその種だ、ということです。



最後に、あなたがこの記事を読んでいる今日という日が「ジオノージアン」という単語を最も多く目にした日にならないよう願っています。


さぁ!


みんなでジオノージアンを布k…応援しよう!!!!



オール・ハイル・ジオノージアン!!!!!!!!






参考:http://www.starwars.jp/wiki/ジオノーシアン




【ネタバレ注意】手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの42

初めてのノーマル投稿です。

雑感は観たものの中でも気が向いたら書くぜってスタンスで行きたいので、「記事がない=観てない、好きでない」ではないので、一応。



今回のサブタイトルは「オトモ忍ウォーズ! ネコマタの逆襲」

f:id:ika0602ranger:20151220235524j:image

最新作が金曜日に公開した「スターウォーズ」シリーズの明らかなパロディ。
「エピソード5 帝国の逆襲」から持って来たのでしょうね。

これこれ、特撮ヒーローはこれくらい節操がない程流行りを取り入れないと!
カクレンジャーでは戦隊敵妖怪共々カズダンス踊ってたし!

さて、今回のお話は前回敵方に奪われた巨大ロボをどう奪還するか、というのが急務。
なんせ敵はぼくらのシュリケンジンで街を破壊しようとしているのですから。

スーパー戦隊シリーズはこの時期、クリスマス近くになるとそれまで出てきた巨大ロボ戦力総動員のお祭り状態。

「パパあれ買って〜」「サンタさんにあれ頼もう」を狙っているような商売っ気を感じなくはないですが、まぁ巨大ロボが並び立つ様は壮観。

しかも「あっ…こいつ懐かしい…」ってな巨大戦力も出てきて、商いの都合なんて忘れてしまうほど毎年アッツイ展開。

加えて今年は敵方にその一部を奪われちゃうというお話の流れで、奪還分&奪還のための戦力&通常戦力という形でオール集合が例年よりスッと入ってきた気がします。


そして同時に、スーパー戦隊シリーズにとって年末とは、敵幹部の退場も意味します。
今年は敵首領牙鬼幻月のご子息、牙鬼萬月。

地獄の底から助けを求めるような大量の手の造形がおぞましい。

f:id:ika0602ranger:20151221000500j:image

牙鬼軍団はどうしてなかなか、萬月以外の幹部連中は運がいいというかなんというか、あまり執着するタイプが少ないみたいで引き際があっさりめの奴らが多く、どいつが年末に退場するのか?と考えたときにまぁ1番グイグイ行ってて、おまけに酒呑童子なんて超有名上級妖怪引き連れて街中にドンと本陣設けて「最後に大輪の花を咲かせるぜ」臭がプンプンしてたので、今年は推測に難くなかったかなぁ、と。

しかし曲がりなりにも敵幹部。
しかもトップの息子。

派手な戦闘をもってして退場してくれました。

今回は変身シーンも凝ってたなぁ…(しみじみ)
変身前の役者さんたちが名乗りポーズを途中までキメたところで彼らを隠すように爆炎!
そして炎が退いた所にはスーツ装着済みのニンニンジャーが!!!!
名乗りポーズもみんなキレキレでかっこよかったです。

こういうスーツ装着の瞬間を隠す演出、個人的には「特捜戦隊デカレンジャー」第11話、「プライド・スナイパー」のホージーの変身シーンが印象深いです。

嗚呼、中の人なんていない、彼らは間違いなくヒーローなんだなぁと思わずにはいられない!(うひょー)

1人だけほかのメンバーと血のつながりのない追加戦士、スターニンジャーことキンジもシロニンジャー風花ちゃんからの「キンジさんも家族の一員だから
ね!」の言葉にとても嬉しそう。

f:id:ika0602ranger:20151221000359j:image

父と兄を殺めたオオカミオトコへの復讐というキンジの大目標を果たすための道筋に次なる試練、「妖怪化」に関するフラグをぶっ刺したり、更にそれが解決したあとも、キンジの心のシコリを他のキャラクターの当番回と絡めてみたり、今回の細かい台詞といい…

改めて、本当にニンニンジャーは追加戦士に厳しいというか優しいというか、ちょっとやそっとの試練超えただけで休ませねぇよ!という作り手の熱意が液晶の向こうからメラメラと伝わってきます。


巨大戦は例年通りの総動員で容赦ない攻撃。

ダイノマルはダイノアースに帰ったかクリス・プラットと幸せに暮らしているのでしょう。

f:id:ika0602ranger:20151221000440j:image


そして最後の最後に九衛門の大きなヒミツが明らかに。

なんと彼は牙鬼幻月の息子、つまり萬月のお兄ちゃんだったのです。

画面いっぱいにひしめき合う怪人造形がたまらない…。

f:id:ika0602ranger:20151221000635j:image

いや、このキツネのことだからもう嘘はついていないとは否定しきれない…。

それに、ぼくはまだ九衛門が十六夜九衛門くんではなく十六夜九衛門ちゃんである可能性は捨ててないです。

もし幻月の息子だというのが真実だとしたら…九衛門は蛾眉、晦、弓張、奥方、萬月、ときちんと出ている幹部の中では登場(復活)が1番早かった、つまり幻月の、有明の方とは別のオンナが九衛門より先に実は復活していてその際に九衛門を産んだのか、はたまた有明の方が産んだ直後に共に封印されたのか…う〜ん…。

旋風さんの修行仲間というのは本当で、その身体を器にして、有明の方が災難で産めなかった子供の霊が活動している、とかだったら嫌だな…。




あい!暗い話しないで!!!!

来週はNinja of Ninja、緑の光弾、天空忍者シュリケンジャーさんの登!場!!

f:id:ika0602ranger:20151221000553j:image

お声は当時と同じ松野太紀さん!!!

シュリケンジャーは「忍風戦隊ハリケンジャー」本編では死亡し後日談でとある少年が継承、しかし戦隊VS時空では生存、という非常にややこしい境遇。

アカレンジャーやニンジャレッド、ハリケンレッド、マジイエローが出てきた上に次回のシュリケンジャー、つまりニンニンジャーの世界はVS時空的なsomethingと考えれば良さそうですね。

まぁ細かいことなんてどうでもいいって言ってしまえばそうなんですが。


来週は彼女?も再び。f:id:ika0602ranger:20151221001952j:image






(﹡ˆᴗˆ﹡)

f:id:ika0602ranger:20151221000619j:image










アバレスーツ第0号

おはようございますこんにちはこんばんは。

突然ですがぼく、日常生活の7割をなんとなくで生活してます。

「特急電車が来た。けれども今日は普通の方がいい気がするから見送ろう。」

「あ〜この映画面白かった。なんでかはわからないけどなんか面白かったな。なんか…うん、ね、なんか面白かった。」

「今日はやることほっぽらかして港に行かなければならない気がする。行こう。」

こんな感じに。

まずい。

このままじゃまずい。

このままじゃ残りの人生もなんとなくで過ごしてあっという間に墓の下だ。

自分の感情や行動をきちんと統制せねば。

んで、最近は日常生活でのなんやらかんやらを一応自分の中で言葉にするよう心掛けているのですが、まぁすぐ忘れる。

できた言葉はもちろんのこと、言葉にすることさえ。

というわけで、まぁまぁブログ…って長文自分語り投稿が捗りそう…

それにTwitterのプロフィール欄やら定期ツイートにブログのURL貼っつけとけば、Twitter人間のぼくなら忘れることはないだろう…

というわけで、ブログ。

ブログです。

生まれて初めてのブログ。



とは言ったものの、まぁ難しいことは抜きに日々思ったこと、を好きなことについてバシバシ叩きつけるだけになる可能性が非常に高いです。

なんかの感想とか。


小学校3年生の頃、近所の公園の木の上からの落下、骨折、そしてギプス装着生活までを綴った『一学期の悲劇』で市の作文コンクールで表彰された我が実力を見よ。





見てください。


長続きするよう頑張りますので。

お願いします。